⇒本気で学ぶ資産ブログ作成講座

アフィリエイトブログのサイト診断・相談コーナー

アフィリエイトブログのサイト診断・相談コーナー

この5年間でどれだけ無料でアフィリエイトサイトのやブログ集客の診断をしたか、もう忘れてしまうレベルです(>_<)

今は無料のSEOチェックのツールは多々ありますし、キーワード出現率などある程度の客観的なデーターはそこから得られると思います。

しかーし!やっぱり自己判断でサイトをチェックしても限界がある。誰かに客観的な意見を述べて欲しいというニーズもあると思います。

本気で頑張っているんだけどイマイチ成果が出ないという人のみ真剣にブログの相談やサイト診断をすることにしました。

ブログの診断は自己診断の元でお受けします

まずブログの診断も何もこれはそもそも基礎基本ができていないっていうケースも多いです。

それ本当に読者のことを考えているんですか?「アフィリエイトリンクを踏ませるための半コピペ記事」しか書いてないのでは?っていうのも見られます。

以下のセルフチェックをしてください。

  • 自分のブログで何が一番の問題点であると思うのか?【問題追及】
  • その問題はどこにあると自分なりに思うのか?【原因分析】
  • 対策として自分は何をしてきたのか?【改善行動】
  • 一番知りたいことを一言でいうと何?【客観的な確認】

この4つを添えて質問してもらえると答えやすいです。

上記についてわかなければ私が考えます。ただ当サイトには最低必要条件を書いたつもりです。

  • キーワード選定なのか?
  • 文字数なのか?
  • 記事数なのか?
  • 記事の質なのか?
  • 被リンクなのか?
  • デザインなのか?
  • アフィリエイトリンクの貼り方なのか?
  • ジャンルの選定ミスなのか?

・・・などなどです。書きましたからね!マジで。

おそらく1円も稼げていない、売り上げやアクセスが下がってしまったというう人は

①~④のどこかにズレががあるはずです。

論点が分かればちゃんと答えられます。

③の対策について初心者過ぎて分からないに関してはコチラで答えますので、なくても良いですがあいまいな質問に対する答えはどうしてもあいまいにになります。

はっきり言われると凹む人はソフトに答えてくださいとか、バシッと知りたい人はそういう感じで質問してください(笑)

結構これでもまじめに答えているつもりっすよ!せっかくの努力の方向性が間違っているはもったいないです。

AIなどの自動記事は除き、下手なりに頑張って書いたブログの診断はなんでも受け付けます。

本気かどうかは見れば瞬時に分かります

今回の記事の内容に関して分からない部分ありましたら質問どうぞ

コメント一覧 (2件)

  • 「ゼロ初心者のアフィリエイト by nihongo1000」を拝見
    (一部ですが)させていただきました。

    その記事の中に「アフィリエイトブログの診断コーナー【無料お試し版】」が
    ありましたので筆を執らせていただきます。

    簡単に私の自己紹介をします。
    名前:渡邉元樹。
    住所:埼玉県所沢市。
    年齢:74歳

    基本的な生活費は年金です。

    私は61歳の時に、ウェブクリエイター上級とITパスポートに合格。
    簡単なプログラミングはできます。
    63歳からアフィリエイトを始め、様々な高額塾に加入しました。
    そのために、現在かなりの借財を抱えています。

    現在運営しているブログは6つ、サーバー2つ。
    A8netをはじめとした様々なASP、グーグルアドセンス、Amazonアソシエイト、
    特定企業からの依頼でバナーを貼ったりしています。

    実績は、当初無料のブログ作成サイトでグーグルアドセンスを貼り、多少の収入
    はありましたが、それっきり。
    それ以後、十年近くほとんど無収入。
    2年前にAmazonアソシエイトを申請し、新しいブログを作成運営。
    初めて定期的な収入を得られるようになりました。
    と言っても、月1万ちょっとという少額でした。
    それもつかの間、昨年11月頃からアクセス数が月1,500前後に下落(それまでは
    月6,000前後)。
    このブログ名は、「シニア Walking スタディ」と言います。

    そこで、指示に従ってご質問をさせていただきます。

    ・自分のブログで何が一番の問題点であると思うのか?
     記事数が40を超えてきた頃に、記事ネタに困り、今までの記事をまとめたよう
     な記事まとめのページをいくつか作成したこと。

    ・その問題はどこにあると自分なりに思うのか?
     内容が似た記事がグーグルの検索エンジンから疎まれて、検索上位から下落し
     たのではないか、と思いました。

    ・対策として自分は何をしてきたのか?
     そこで、記事を吟味し、似たような内容記事を削除しました。
     その結果、それまで57記事あったサイトの記事数が45記事までに減りました。
     それが三日前です。
     現在は様子見の状態です。

    ・一番知りたいことを一言でいうと何?
     上記した私の対処方法でよろしいのでしょうか?
     もし、他に原因があるのでしたら、具体的に何でしょうか?

    以上です。
    ご意見をいただけたら幸甚です。

    2024年3月21日
    渡邉 元樹

    • 74歳でこのレベルでつくれるのは素晴らしいと思います。
      テーマも自分の年齢と体験談を元に書けるので問題はないです。

      では具体的な改善策。

      ① 記事下の連続した広告はやめる。

      → ポイ活(モッピー)→ アドセンス → シューズのバナー の3連続になっていますがこれをまずは辞めましょう。記事内位にも大量にAmazonリンクが入っているのでさらに3つ並ぶと外部リンクが増えすぎです。おすすめはアドセンスだけにすること。モッピーはポイ活の記事を書かないとそうそうは登録されません。

      ② シニア+ウォーキング・高齢者+ウォーキング・商品名+高齢者+シューズ(ウェア)などの関連語を入れること。

      → 現在あがっている記事ありますよね?あれがまずは答えです。水筒・シューズ・服装などがあがっていますし、一部メーカー名でも上がっているのでその関連語を書いてください。
      例) アディダス+シューズ+高齢者・・・アディダスの部分を変える。

      ③ リード文は及第点・初めのH2見出しにはシニアのための記事であることが分かるように修正する。

      ほとんどの文章は、見出しだけ見ると20代でも高齢者でも女性でも誰でも当てはまる作りです。まずh2ではなぜ今回紹介する商品やサービスがシニア向けであるのか?その理由と根拠を300~400文字で入れてください。

      例) 夏のウォーキング用帽子・・・の記事を修正するとします。

      → これだけでは女性なのか。子供なのか、シニアなのかが分かりませんね?小学生の子づれ親子のウォーキングやハイキングの人が見たら紹介されている商品がおじいさん向けでびっくりです(笑)

      シニア向け夏のウォーキング用帽子15選・・タイトル
      シニア夏のウォーキングに帽子選びが重要・・H2
      シニアは機能性重視で帽子を選ぼう・・・H3
      シニア男性向けおすすめ帽子一覧H3
      商品名○○・・・H3またはH4
      商品名○○・・・H3又はH4

      となります。上記のように見出しだけ見て誰のためになぜこの記事を書いたのかが分かるようにしてください。

      ④ コンテンツもシニアに合わせた記事を貫く

      コンテンツも同様です。例えばシニアは若い人と違って体温の変化に気がつかず熱中症にかかりやすいから帽子選びが重要というのがオリジナルの切口で見出しと内容を揃えてください。

      子供向けの帽子だったら首紐でのどが絞まらないように帽子選びが重要とか、小さい子はすぐに帽子も遊んで汚すので白いのは避けて、洗えるものにしようなどの提案になります。そうなるとい見出しが変わってきますよね?

      ⑤ サーチコンソール10位以上のものからまずはリライト。無理ならドメイン載せ替え。

      サーチコンソールで10位以内のものが20キーワード以上あると思うので、そこからまずはリライトしましょう。記事は増やさなくてOKです。リライトしてあげられる技術を今から身に着けた方がいいです。本当はドメイン載せ替えしつつ新規でやりたいんですけどちょっと難しいので、できる所からですかね。

      方向性は間違ってないと思います。商標売れる寸前の記事も多く修正すれば数万までのポテンシャルはあるブログだと思います。頑張ってください。

コメントする