⇒本気で学ぶ資産ブログ作成講座

WordPressのウィジェットに追加すべきおすすめの使い方

【PR】当サイトにはアフィリエイト広告が含まれています。というかアフィリエイトのことしか話しません。

これ結構質問がでたので答えます。なんとか見よう見まねで、WordPressの設置まではできたものの、こんどはどのようにウィジェットをカスタマイズをしてアフィリエイトリンクを入れていけばよいのか分からなくなってしまうんですね?

ワードプレスの場合は導入したテーマによってウィジェットが違ってくるので、初心者のうちはめちゃくちゃ混乱しますよね・・・。

トップページや、記事ページ、カテゴリページやアーカイブページに何を持って来るのがベストなのか?

私なりのの答えを示しておきますよ。オススメの広告配置やプラグインについても触れていくので是非とも参考にしてください。


目次

WordPressのウィジェットの広告配置とカスタマイズ

WordPressのウィジェットに追加すべきおすすめの使い方

まずトップページの配置ですね。ここはブログの顔ですからこだわりたいものです。

ブログも見た目が9割です。このブログは読むに値するか?ブックマークする価値があるのか?そういうものを読者は一瞬で決めてしまいます。

トップページのサイドバーに最低限入れておきたいものは三つ。

  • カテゴリ
  • 人気記事
  • 最新記事

人気記事に関しては戦略上外すという手も考えられますが、どのみち分析されるんで入れておいても良いんじゃないかと思います。

トップページに全体の内容が分かるようなカテゴリを示す

まず私が気を付けているのはトップページで全体の内容が分かるようにすることです。情報がきちんと整理整頓されていて、見たいところからみれるように、右サイドバーに持ってきています。

人気記事を見せて、優良コンテンツが多いことを示す

サイドバーの目立つ位置にアクセスの多い人気記事、一生懸命書いたオススメ記事をを表示させておくと、そこを起点に各ページにアクセスが流れ、読者が巡回してくれます。PV表示に関しては少ないうちは見せないのも一つの手です。

増えてきたら表示させると数字が気になって見てくれる人も増えますよ

最新記事を見せて常に更新していることを示す


誰も古い情報には当たりたくないもの。更新するサイトであれば最新記事を表示させておきます。反対に放置しておくタイプにするのであれば、最終更新日を消してしまうというのも手でしょう。理想は週1回の更新です。

新しくネタが入ってこないようなテーマやキーワードでやる場合は最新記事は外しても良いでしょう。

お問い合わせを入れると営業メールや相談が来る

サイドバーの分かりやすいところにお問い合わせフォームを作っておくと営業メールや個別の相談が来るようになります。

ブログならコメントでいいのでは?と思うかもしれませんがブログ内でのやりとりは公開されるのでプライベートに聞きたいというニーズに答えることができないんですね。

ただ、アフィリエイトサイトは匿名を集めると良いメールだけが来るわけじゃないので注意してください。スパムメールや、一方的な営業も来ます。

フッターウィジェットのカスタマイズ

WordPressのウィジェットに追加すべきおすすめの使い方

ジャンルによりますがフッターのウィジェットをカスタマイズしておくことでアクセスアップが見込めます。

記事数によって変化させた方がいいと思います。

  • カテゴリー
  • タグクラウド
  • 新規記事
  • Twitter
  • おすすめ記事
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー

WordPressの場合はトップページのドメインが強くなる傾向があります。目立たせたいページをPRすると一定の効果があります。

記事詳細ページやアーカイブぺージのおすすめの配置

WordPressのウィジェットに追加すべきおすすめの使い方

WordPressのテーマによっては、記事詳細ページやアーカイブページのそれぞれにウィジェットを設定するものもあります。基本的にトップページと同じ配置でも良いと思いますが、私がオススメのパターンは以下の通りです。

アーカイブページには人気記事と最新記事

基本的にアーカイブページには、カテゴリ記事内の記事一覧が並ぶと思います。その場合のサイド―バーには人気記事と最新記事を入れておきます。もちろんカテゴリを入れても大丈夫です。

記事詳細ページ(個別記事)には最新記事とカテゴリ

記事詳細ページは結構アクセスが来ると思います。1記事を読んだだけで終わらないように、サイドバーには最新記事、カテゴリ、人気記事をなどをきちんと表示させておきましょう。

→ アーカイブや記事詳細ページのそれぞれに広告が設定できるテーマの場合は、敢えて広告サイズや種類を変えてみると反応が良かったりします。

スマホ用のウィジェット設定はアクセスアップに効果あり!

WordPressのウィジェットに追加すべきおすすめの使い方

スマホ用にウィジェットが設定できるタイプのワードプレステーマもあると思います。アクセスの7割以上がスマホだということを考えると、細かいようですが、ここには工夫が必要です。

特にフッターの記事下にはカテゴリが表示されるようにした方が良いです。その下に人気記事ですね。

WordPressのウィジェットに追加すべきおすすめの使い方

一番下にはロゴを入れてトップページに1クリックで戻れるようにした方が良いです。

PCの画面と違いスマホはワンカラムでサイドバーがないですので、順番に次の記事も読んでもらいたい場合は、自動で表示される関連記事ではなく、記事内から自分で内部リンクを貼って別の記事に誘導しましょう。

シェアしていただけると励みになります!
  • URLをコピーしました!

調べてもわからなければ質問どうぞ!

コメントする

目次